脱毛

VIO脱毛を一番安くする方法を考えてみた。

私は「脱毛はしたい!でもやっぱりお金はかかるから始めようか迷う…」という興味はあるけれど大金を払うのに抵抗があるタイプの人間です。

値段は昔に比べてみたら安くはなっていますが、全身脱毛するのでも10万円以上はかかるじゃないですか…私は無理ですよ、そんな毛のために大金をだす勇気はない…

そこで何とか安く脱毛ができないだろうかと考えた結果
家庭用脱毛器とサロンの併用」で費用を抑えて脱毛できることがわかったので
詳しく説明します。



家庭用脱毛器とサロンの併用」とは?

つまり、「家庭用脱毛器でできる範囲を自分で、できない範囲をサロンで脱毛する」ことです。

今回はVIOを例にあげますが、 Vラインとトライアングル上下は家庭用脱毛器で十分対応できます。

IラインとOラインは対応していない脱毛器がほとんどなので、そこはサロンで脱毛してしまいましょう。



私の使っている脱毛器

「私も初めは家庭用脱毛器なんて効果あるのか?」って疑っていましたが、1年ほど前からBRAUN(ブラウン)のシルクエキスパートを使っています。
脱毛サロンに通っていた経験もありますが、サロンと同じくらいの効果はありますよ。

ブラウン 自宅光美容器 シルクエキスパート BD-5004
created by Rinker

私が購入した時は¥40320で購入しました。

主に「Vライン、脇、腕、脚」に使っています。
光脱毛ができるので、流行りの脱毛サロンが使っているマシーンとほぼ同じ。

仕組みもサロンの脱毛と同じように、まず毛をそり、光を当てて1週間ほどすると手でスルンと抜けて、2週間くらい経つとまた毛が生えてくるサイクルです。

何度も光を当てると毛は細くなっていくし、生えてくるスピードは遅くなってきます。

自分でするめんどくささがネックですが、24時間どこでも好きな時に予約いらずで脱毛できると考えれば家庭用脱毛器も悪くはないです。

例えば「ミュゼ」と「家庭用脱毛器」の併用でVIOが3万円で脱毛できちゃう

つまり家庭用脱毛器があれば、Vラインとトライアングル上下は自分でできてしまうので、わざわざハイジニーナセットのプランを選ぶ必要がありません。

IラインとOラインのみでOK。



ミュゼの場合

「Sパーツ、Lパーツのフリーセレクトプラン」のSパーツにIラインとOラインが含まれています。

デイプランなら1パーツ8回で¥15000。つまりIとOライン合わせて8回¥30000です。通常のハイジニーナコースは

デイプラン4回で¥30000
IとO以外は自分でやる必要はありますが同じ金額で倍の回数できます。

ポイントサイト用

ジェイエステティックの場合

ジェイエスティックも同様にIライン、OラインがSパーツです。
料金は最初に契約する回数で変動するようですね。一番お得な8回だと1部位
¥14400で受けられるので、Iライン、Oライン合わせて¥28800で8回施術可能です。

ジェイエステもVIOのセットプラン4回で¥30000でした。

家庭用脱毛器があれば、IラインOライン以外は自分で脱毛できます。

医療脱毛ではない限り、 永久脱毛は無理です

永久脱毛にみんなとらわれがちですが、サロンの脱毛でも十分毛に対するストレスは軽減します。

しかし、回数を重ねないとまた毛は生えてきてしまうので、数回脱毛サロンに通ったとしても脱毛の意味はなくなってしまいます。
脱毛サロン=回数をかける必要がある
回数を重ねれば費用も増えるのは当たり前。

しかし家庭用脱毛器なら、一回買ってしまえばあとは追加料金なしで何度でも脱毛が可能です。だからもし節約して脱毛をしたいのであれば、家庭用脱毛器を使い自分で脱毛しましょう。現時点ではそれが一番お得な脱毛方法です。

脱毛が当たり前になりつつある時代で、家庭用脱毛器も良い製品がたくさん開発されています。この際、1度家庭用脱毛器の購入を検討してみてください。