クリエイティブ

【LINEの着せ替えはスタンプよりも簡単】LINEの着せ替えを半日で作成した時短テクニックを紹介します。

ではまず私が作ったLINEの着せ替えをご紹介します。

「あ、LINEの着せ替え作ってみるか」と思い、そのままマックに駆け込んで12時間程の作業で完成しました。

この記事では、「私が実際にどのような感じで作ったのか」を4ステップでお伝えします。



「LINEスタンプ」と「LINE着せ替え」のイラストを描く量の違い

LINE スタンプ 「グラサンとりなよ。」

1年くらい前にLINEスタンプも作った経験がありますが、
LINEスタンプは「 とにかく描く絵の量が多い」です。
(正直もう作りたくない 笑)

人の顔をモチーフにしてしまった作品だったので余計手間がかかってしまったのもありますが、40個の絵を描いて、それぞれにセリフをつけるのはキツかったぁぁ。

それに対してLINE着せ替えのイラストは約11個考えただけで済みました。
なぜなら 1つの絵の使い回しが上手くできるので、スタンプのように40個も絵を考える必要はありません。

「LINE着せ替え」に必要なイラストは?

黄色で囲まれている箇所が自分で作る必要があるものです。

注意点は、メインボタン(友達。ホーム、ニュースのボタン)とパスコードのONとOFFで2枚必要。それにメインボタンは国によって使われているものが違います。

言語によってメニューボタンがちょっと違うのわかりますか?
合計で 8種類必要です。

用意するイラストは

  • メイン画像 (1種類)
  • メニューボタン画像 (8種類×ON/OFFの2パターン)
  • メニュー背景画像 (1種類)
  • パスコード画像 (4種類×ON/OFFの2パターン)
  • プロフィール画像 (2種類)
  • トークルーム背景画像 (1種類)
  • スプラッシュ画像 (1種類)

これだけです。

さあ始めましょう!



ステップ1:まずは適当にテーマを決めてイラストを描きまくろう

私は「宇宙」をテーマにしました。こんな感じで思い浮かんだものを適当に描きまくります。

アイディアに困ってしまったら、インスタグラムやピンタレストからインスピレーションを探してみましょう!

http://polarraccoon.com/2019/08/31/post-1689/

ステップ:2 イラストをデジタル化する

このようにざっくり描いたイラストを丁寧に描き直していきます。
その時に色味の統一感や線の太さなどに注意するといいかもしれません。

私の場合は全てiPadで描いています。

まずは、プロフィール画像(個人、グループで各1)、メインメニュー(8個)、パスコード画像(1個)の合計11個を6時間で作成するのを目標に頑張ってみましょう。

ステップ3 時短テクニックを使おう

先ほどの8個のイラストができてしまえば、ベースができたも同然です。

ここから、残りの「 メイン画像のOFFバージョン」「 パスコードのOFFバージョン」「 トップ画像」「 背景画像」「 メニュー背景画像」を作っていきます。

ここからは、時短テクニックというより、「上手な使い回し」を伝授していきます。

メイン画像のOFFバージョン

見ていただければわかると思いますが、ほとんど最初に書いたイラストの使い回しです。笑

髪の毛の色を変えたり、角度を変えたり、手を生やしてみたり、大胆に書き足したり、新しいイラストを描く必要はありませんよ!

「パスコード」

まさかの色を変えただけです。笑
全てイラストを変えてもOKですが、時短したいなら 「色違い」は有効です。

他にもON画像はイラストで、OFF画像はシルエットを使う手法もよく見かけます。描いたイラストを塗りつぶすだけで良いのでこれも時短できそうですね。

トップ画像

次にトップ画像です。こちらはメインボタンでかいたイラストを使い、周りに宇宙っぽいイラストを描いただけ。作成時間10分程度。

トップ画像に力を入れる必要なんてありません。一度描いたイラストを使い、少しおしゃれに仕上げるだけでも立派なトップ画像になりますよ。

背景画像

これも、最初に描いたメインボタン用のイラストを使って作成しました。

トップ画像の時と同じ手法です。この背景は「メニュー背景画像」にも使い回しています。

このように自分が描いたものをうまく再利用して作っていけば時短は可能ですから、活用してみて下さいね。



ステップ4 サイズ調整&アップロードは慎重にやろう

このサイズ調整はシビアなので、一応LINEの公式ガイドを参照して下さい。

LINE公式着せ替え制作ガイドライン

サイズの注意点としては「メインボタン」のみ縦、横から10pxマイナスしたサイズに調整して下さい。

外枠がLINEの提示しているサイズで、赤枠がLINEが提示しているサイズから縦、横それぞれ−10pxしてある四角です。

LINEスタンプの場合もそうでしたが、指定サイズジャストで作るとアウトなので気をつけて下さいね。

また、アップロードはLINEクリエイターズマーケットのマイページでできますが、画像の名前にそれぞれ指定があるので、イラストを保存した時には名前の変更を忘れずに!

どうでしたか?結構簡単に作れる気がしません?

半日あれば余裕でできるはずなので、お休みの日に一気に作っても良いし、1週間くらいかけてコツコツ作っても良いので自分のペースで作ってみてください!